葉酸サプリは妊娠前から

妊娠すると葉酸サプリを摂取するという人がかなり多いのですが、葉酸サプリは妊娠前から飲んでおく事をおすすめします。

 

 

葉酸は胎児の脳や神経を作るのに必要な栄養素となるのですが、胎児の脳や神経は妊娠初期に作られるため、お腹に赤ちゃんがいるということが分かった頃にはすでに脳や神経は作られてしまった後ということが多いのです。

 

 

こういったことから、葉酸は妊活をしている時から飲んでおくことがおすすめとなっているのです。

 

 

最近ではマタニティ用のサプリメントに含まれているということもありますし、ドラッグストアで販売しているという事もありますので、比較的入手しやすくなっているのです。

 

 

妊活をする場合は、体を温めたり、規則正しい生活を送るということと同時にこういったサプリメントを摂取しておくということで、いつ赤ちゃんができても安心な体づくりをするということができるのです。

 

 

赤ちゃんができると、不安な事が増えてしまったり、情緒不安定になってしまうということもありますので、安心して赤ちゃんを育てることのできる体づくりをしておくことによって、少しでも不安要素を取り除き、自分の気持ちを安定させるということもできるのです。

 

 

自分の気持ちに余裕がないと、ストレスが溜まってしまうので胎児にもいい影響はありませんので、自分の気持ちに余裕を作り、安定したマタニティライフを送るためにも、自分の体づくりというのはとても大切なこととなっているのです。

 

 

葉酸はダウン症予防に効果があるの?

葉酸は一番初めは、貧血を治す効果があると言われているものでした。

 

その後研究が進み、細胞の再生に効果があるものということが判明しました。

 

葉酸サプリを摂取することにより、ダウン症予防に効果があると言われていますが、本当に効果はあるのでしょうか。

 

そもそもダウン症予防にいいと言われるようになった背景には、昔、世界数ヶ所で行われた臨床実験で葉酸を摂取することによって、神経管欠損になるリスクが約70%も減ったという結果が出たというところにあります。

 

現在、厚生省では、「その発症は葉酸摂取のみにより予防できるものではないが、 摂取により発症リスクの低減が期待されるものである」というように書かれています。

 

しかし残念ながらダウン症を100%防ぐ事が出来るとは記載されていません。

 

また、推奨量摂取する食生活を送れるとは考えられない、という問題提起もしています。

 

日本では他国に比べ、当たり前にサプリメントを取り入れる習慣がまだないものの、厚生省の発表の影響もあり少しずつ摂取する人が増えてきているのは事実ですが、あくまでもサプリメントであり、医薬品ではない事もしっかりと理解しなければいけません。

 

ダウン症というのは遺伝による染色体異常により発症し、誰にでもダウン症児を産む確率があります。

 

一番の原因は母親の出産するときの年齢に関係するとも言われていますが、今のところ治療方法は見つかっていないのが現状で、現実を受け止め、誰かを責めるなどがあってはならないのです。